HOME  /  医学生・研修医・クリニカルフェローの方へ  /  研修中の医師よりメッセージ

研修中の医師よりメッセージ

卒後5年目医師(関連施設の救命センターで研修中)

私は初期研修で多くの急性期患者の診ていく中で,「人の命を救う」「困っている人を助ける」ことを第一線で行っている救急医療・集中治療に興味を持ち,千葉大学救急集中治療医学の研修プログラムで研修を行っています.大学病院では,敗血症,多発外傷などいろいろな重症患者の治療や,人工呼吸器・CHDF・ECMOなどの管理を学ぶことが出来ました.特にECMOチームとして多数のECMO症例を経験でき,またトレーニングを積むことができます.
現在は成田赤十字病院で,多くの救急車に対応する中で,診断力,判断力を鍛えています.またICUでは,大学で研修したことを活かしながら,集中治療の知識・技術をさらに積み上げているところです.
救急集中治療領域に興味のある先生方,ぜひ一度見学にいらしてください.

卒後5年目医師(関連施設の救命センターで研修中)

私は,国保旭中央病院での救急診療において多数の症例を経験しましたが,ICUでの重症患者管理を学びたいと思いました.千葉大学のICUは,各診療科の主治医と密に連携を取りながらも,ICUでの治療は救急科・集中治療部が主導しており,これこそが自分が求めていた理想の集中治療医だと思いました.1日2回行われるICUカンファレンスでは,各診療科医師のみならず,薬剤師,臨床工学技士,理学療法士,管理栄養士,感染症管理治療部,地域医療連携部など多職種のスタッフとも議論しながらその場で治療方針を決定しています.
現在私は,ドクターヘリのある君津中央病院で,救急初期対応とそれに続く集中治療を行っています.自分のやる気次第で様々な分野の勉強ができ,こちらでも鍛錬の日々です.

卒後4年目医師(関連施設の救命センターで研修中) 

自分は元々は救急科志望ではなかったのですが,初期研修中に重症患者を治療することに医師としてのやりがいを覚え,集中治療を勉強したくなりました.千葉大学は集中治療のレベルが高く,関連病院も多いため様々な症例を経験できます.また救急・集中治療を専門にしながら,希望に応じて外科系,内科系,小児科,放射線科などでサブスペシャリティ研修ができるのも魅力の一つです.教官もアツい先生,面倒見のいい先生が揃っており,論文や研究の指導をしてくれます.
現在は関連の救命センターで勤務していますが大学病院で学んだ事が非常に役立っており,忙しいながらも充実した毎日を送っています.是非一度見学にいらして下さい.

PAGETOP
PrevNext