HOME  /  医学生・研修医・クリニカルフェローの方へ  /  ECMO(extracorporeal membrane oxygenation; 体外式膜型人工肺)プロジェクト

ECMO(extracorporeal membrane oxygenation; 体外式膜型人工肺)プロジェクト

本邦におけるECMOは,体外循環を用いた心肺蘇生(extracorporeal cardio-pulmonary resuscitation: eCPR)での使用が多く,行える施設数が多い反面,1施設当たりの症例数が限られているという問題があります.当院ではeCPRを含む様々な病態に対してECMO治療を行っています.

当院におけるECMO施行状況と取り組み

当院では1993年以来,2016年までに339例に対してECMOを施行してきました.症例数は年々増加傾向にあり,最近は年間約40例となっています.内訳として,院内・院外で発症した心停止症例に対するeCPRが約半数をしめ,続いて,心原性ショック,敗血症性ショックなどの循環不全に対するVA(veno-arterial)ECMO症例が多くなっています.一方,呼吸不全に対するVV(veno-venous)ECMOにも積極的に取り組んでいます.
当院では,院内急変患者発生時に,当科の医師・看護師からなる急変対応チーム(medical emergency team; MET)が出動し治療を行うRapid Responseシステムが確立していますが,院内心停止症例に対してECMOが必要であれば,METが迅速にEMCOを導入します.一般病棟やCT室で導入することもあります.また当院は,心臓血管外科を中心に補助人工心臓(ventricular assist device; VAD)を用いた重症心不全の外科治療にも積極的に取り組んでおり,また,呼吸器外科を中心として肺移植も行っています.当科では,それらの症例に対するECMOを含む人工補助療法を駆使した集中治療も行っています.


ECMOチーム

2013年に発足した当院ECMOチームは,医師(救急科・集中治療部,循環器内科,心臓血管外科,その他),看護師,臨床工学技士等で構成されています.長期施行可能なECMOシステムの構築,ECMOマニュアル作成,症例データベースの構築,トレーニングプログラムの作成等を行っています.

トレーニングプログラム

院内:回路を用いたトレーニング(Water Drill),シナリオベースのシミュレーション(ECMO導入,ECMO患者の搬送等),ECMOに関する講演やMortality&Morbidityカンファレンスを定期的に行っています.
国内:本呼吸療法医学会・日本集中治療医学会合同ECMOプロジェクト“ECMOシミュレーションラボ”のプログラム・テキストを作成し,定期的に開催しています.
海外:米国やスウェーデンのECMOセンターでの,一週間程度の研修に積極的に参加しています.医師だけでなく,医師・看護師・臨床工学技士からなる多職種チームでのコース受講も行っています.

その他

・当院では血液浄化法を積極的に施行しており,ECMO施行患者に対する,より安全で効果的な血液浄化法を確立するための研究も行っています.
・他院でECMO施行中の患者を迎えに行っての転院受け入れや,ECMO施行中の患者の海外搬送も行っています.そして,現在開設準備中の高度救命救急センターが発足した際には,ECMO装着下での搬送症例は更に増加することが予想されます.

当院において,ECMOは日常の集中治療に不可欠な治療手段となっており, その頻度は今後さらに増加すると考えられます.引き続き, 教育プログラムを充実させ,治療の質を向上させるための取り組みを進めていきます.

PAGETOP
PrevNext