HOME  /  お知らせ  /  2015年10月

お知らせ

2015年10月

カロリンスカ大学病院循環器内科の医師・看護師チームが当科を見学に来院されました.

2015年10月27日 11:32

2015年10月6日,心肺蘇生に関する研究成果を最近次々と発表しているカロリンスカ大学病院循環器内科Dr. Svenssonのグループから1,2),医師5人,看護師1人の研究チームが来日され,当科を見学に来られました.蘇生に関する研究についてディスカッションし,また,当科におけるECMOを用いた心肺蘇生(extracorporeal cardiopulmonary resuscitation; ECPR) について紹介しました.
1) N Engl J Med. 2015; 372: 2316-25.
2) N Engl J Med. 2015; 372: 2307-15.

10月8日には,東京アメリカンクラブにおいて開催されたResearch Summitに,当科の安部講師が出席しました.カロリンスカ大学で現在進めている,携帯電話を用いた心肺蘇生,新しいディバイスを用いた脳低温療法,などの研究について,また本邦におけるECPRの現状について,ディスカッションが大変盛り上がりました.

PAGETOP

第10回クリニカルアナトミーラボ 「救命のための緊急処置手技教育」を開催しました.

2015年10月27日 11:31

2015年9月28日,千葉大学医学部クリニカルアナトミーラボ (CAL)において,御遺体を用いたワークショップ「救命のための緊急処置手技教育」を開催しました.2012年4月に第1回を開催して以来,今回で10回目です.院内・院外からの医師12名,看護師2名が参加し,緊急開胸(ER Thoracotomy)やDamage Control Surgeryなどの緊急処置を習得しました.

重症外傷患者に対する救命処置は,迅速かつ正確に行う必要があるにもかかわらず,実際に経験する機会は多くありません.これまでは,手技に習熟するために長い時間を要していました.しかし本ワークショップでは,限りなく生体に近い形で保存された御遺体を用いて,経験豊富な指導医の指導のもと,臨床に則して解剖を確認しながら手技を学ぶことができます.今回も当科の後期研修医を含む若手医師が,術者を交代しながら手技を行い,緊急救命処置を習得しました.

より多くの救急医・看護師が,より迅速かつ正確に処置を行って患者を救命できるよう,当教室では今後も定期的に(年3回),ワークショップを開催していきます.
学外からの参加も受け付けていますので,興味のある方は次回の開催のお知らせをお待ち下さい.

PAGETOP

当科の菅なつみ先生が,EuroELSO主催による講習会「Adult ECMO for respiratory failure and septic shock」に参加しました.

2015年10月14日 10:20

000071_01.jpg

EuroELSO主催による講習会「Adult ECMO for respiratory failure and septic shock」が10月5日から8日の4日間,ストックホルムにあるKarolinska University Hospitalで開催され,当科の菅なつみ先生が参加しました.
同施設で使用しているlong run ECMOのデバイスを使用したシュミレーションやWet laboに加え,生理学から臨床における経験に関する様々な講義を受講しました.PC上の新たな循環動態シュミレーションシステムを用いたり,実際の症例を基にした講義もあり,ECMOの大家と言われる講師の先生方や世界中から参加した計25名の受講者と連日様々なディスカッションで盛り上がりました.
当院も肺移植施設に認定される等,long run ECMO症例が増加する中で,今回の経験を生かして今後もより良いECMO治療を目指していきます.

PAGETOP

織田成人教授が「平成27年度救急功労者表彰(総務大臣表彰)」を受賞しました。

2015年10月13日 10:44

000070_01.jpg

救急救命士制度の発足以来、千葉市のメディカルコントロール体制に関わって来ました。千葉市消防局指令センター医師常駐制度の導入に際して、導入委員会の委員として医師確保に尽力してきたこと、また救急隊員の業務マニュアル、指令センター常駐医師マニュアルの作成などのメディカルコントロール体制の確立に貢献してきたことなどが評価されました。

PAGETOP

Index

Recent Post

Monthly Archives

Category Archives

  • 診療のご案内
  • 医学生・研修医・クリニカルフェローの方へ
  • 研究者の方へ
  • 医療機関の方へ
  • 千葉大学医学部附属病院
  • 千葉大学大学院医学研究院・医学部