HOME  /  お知らせ  /  2015年12月

お知らせ

2015年12月

第8回千葉小児救命集中治療研究会を開催しました

2015年12月24日 18:59

2015年12月19日,当教室の立石順久助教が当番世話人として第8回千葉小児救命集中治療研究会を開催しました.千葉県や都内から小児救急や小児集中治療に携わる小児科医,小児外科医,救急集中治療医,看護師など53名が参加してくださり,重症小児の病態や診療体制,施設間や職種間の連携などについて熱の入った議論が交わされました.
特別講演では,広島大学から志馬伸朗教授をお招きして小児敗血症に関する最新の知見をお聞きすることができました.
本研究会が千葉県の子供たちの未来を守ることにつながるよう,明日からの診療に活かしていきたいと思います.

第8回千葉小児救命集中治療研究会プログラム

PAGETOP

第40回救急科・集中治療部Grand Roundを開催しました

2015年12月24日 18:54

000080_01.jpg

2015年11月30日,第40回救急科・集中治療部Grand Roundを開催しました.
記念すべき第40回はThomas Jefferson大学救急医学准教授のDavid Gaieski先生に講演して頂きました.
Gaieski先生はこれまでに蘇生後の集中治療等に関する論文を多数発表しており,その分野において中心的に活躍されている先生です.
今回は"Cardiac Arrest and Post-arrest Care Bundle"の題目で,心肺停止症例に対するtarget temperature managementに関する内容を中心に,その基本的な考え方から最新の知見まで幅広い内容を非常に分かりやすく講演して頂きました.
会場からは救急科だけでなく,脳神経外科や心臓血管外科など様々な分野の先生から積極的に質問があり,そこから活発な討論が繰り広げられ,時間が足りなくなるほどの盛り上がりでした.

PAGETOP

第21回救急隊員・医師等合同研修会を開催しました

2015年12月10日 11:22

000079_01.jpg

11月17日 千葉市消防局と合同で第21回救急隊員・医師等合同研修会を千葉大学医学部記念講堂で開催しました.

当日は症例検討,パネルディスカッション,教育講演の3部構成で開催され,消防関係者や他施設の医療関係者を含め200人以上の方にお集まりいただきました.

症例検討では当院に搬送された意識障害やショックの患者さんの現場での評価や介入の妥当性について救急隊員,当科医師からプレゼンテーションの後,フロアとの質疑応答が行われました.

パネルディスカッションでは「災害時における消防と医療の連携~さらなる連携強化を目指して~」と題して,先日の常総市の水害や東日本大震災へのDMAT及び緊急消防援助隊の派遣経験を踏まえて,今後のDMATを初めとする医療側と緊急消防援助隊などの消防組織とのより緊密な連携の課題について話し合われました.その中で,県庁の調整本部レベルでのお互いの活動の理解と連携は徐々にとれつつあるものの,医療圏,市町村レベルの実働部隊の活動内容の相互理解や連絡調整に改善の余地があることが改めて認識されました.

教育講演では当科OBで消防庁 救急専門官の寺谷先生に「救急に関する最近の動向~災害時の消防×医療連携、消防庁の動き~」と題して救急搬送の増加とそれに対する救急行政の動向の他,消防の災害対応と今後の展望について,想定される各種災害に対する最新の計画などを踏まえた講演をしていただきました.

当科では今後もこのような検討会や各種活動を通して消防との相互理解と連携を深めてまいります.

PAGETOP

Index

Recent Post

Monthly Archives

Category Archives

  • 診療のご案内
  • 医学生・研修医・クリニカルフェローの方へ
  • 研究者の方へ
  • 医療機関の方へ
  • 千葉大学医学部附属病院
  • 千葉大学大学院医学研究院・医学部