HOME  /  診療案内

診療案内

千葉大学医学部附属病院 救急科・集中治療部は救急科と集中治療部の2つの中央診療部門の診療業務を担当しています.

救急科について

主な診療内容

当院の救急外来患者数は年間約8000人です.救急科はこのうち主に救急車やドクターヘリで搬送される重症で救命処置を要する三次救急の患者様の診療を行っております.具体的には多発外傷,熱傷,重症感染症,急性中毒,心肺停止状態, 急性心筋梗塞,脳血管障害,急性腹症などが三次救急の対象となります.これらの三次救急の患者様を 当部の医師が救急外来で初療を行い,患者様の状況に応じて他科の専門医師と協力して治療を行います.各種検査,緊急手術も常時可能です.これら重症な三次救急の患者様の治療に主に従事していますが,一次,二次救急の患者様にも可能な限り対応するようにしております.また院内急変患者様に対する対応も行っております.

我々は,救急車で病院に到着するまでの病院前救護の充実にも力を注いでいます.例えば,千葉市消防局指令センターから現場救急隊の方に指導や助言をする業務を行ったり,周辺地域の消防学校の救急隊員の教育を行ったりしています.また 千葉市内では千葉市消防局と連携し千葉市防災ヘリコプターによる救急現場への医師の派遣事業(千葉市防災ヘリドクターピックアップ事業)を行い,千葉県全体のドクターヘリ事業にも協力しています.

救急科は,日本救急医学会指導医指定施設,専門医指導施設であり,所属する全ての医師が,救急専門医資格を既に持っているか,あるいはこれからの取得を目指しており,これらの病院内外における救急業務に満遍なく従事しています.

院内急変患者の迅速対応システム構築に関する研究
大動脈内バルーン閉塞の有効性と安全性に対する観察研究
当院におけるECMO施行状況と取り組み

一般の皆様へのお願い

当院は,近隣医療機関や救急隊などから依頼のあった救命処置を有する最重症患者様を,患者様が治療を受けるために必要な入院ベッドがある限り,受け入れるよう努力しています.しかし,数多くの入院を待っていらっしゃる患者様がおります現状から,上記以外の救命処置を即座に必要としない軽症の救急患者様につきましては,原則として夜間救急初期診療部(市立海浜病院内)や休日救急診療所(千葉市総合保健医療センター内)や千葉市の定める一次・二次輪番病院などへの受診をお願いしております.ご理解,ご協力の程よろしくお願いいたします.

PAGETOP

集中治療部について

主な診療内容

集中治療部では,専任のスタッフが24時間体制で集中治療室(ICU)での重症患者様の治療にあたっています. 集中治療部では救命処置を要する重症救急患者様,大きな手術後の患者様,院内で発生した重症患者様,他の医療機関から紹介された重症患者様など,内科/外科,成人/小児,院内/院外を問わず,多岐にわたる重症な患者様を治療しております.2010年の11月より22床(ICU 18床,CCU 4床)に増床され,重症患者様を治療できる病床が充実しております.

集中治療が必要な患者様は主に心臓,肺,肝臓,腎臓,脳などの重要な臓器が障害を受けている患者様です.これらの患者様には人工呼吸器,血液浄化法,経皮的人工心肺などの人工補助療法を中心とした高度な最先端の集中治療を行っています.

一般の皆様へのお願い

集中治療部では定期的な外来診療は行っておりません.救急外来が救急科・集中治療部としての外来です.千葉大学医学部附属病院以外の病院からの重症患者様の診療依頼は24時間いつでも受け付けており,患者様もしくはそのご家族が当院での集中治療を希望する場合は,入院治療を行っている主治医の先生に申し出て下さい.主治医の先生から当部門にセカンドオピニオンとして患者様をご紹介頂き,当部門で治療を引き継ぐケースもございます.

当部は,日本集中治療医学会専門医指定施設です.所属する全ての医師が,集中治療専門医資格を既に持っているか,あるいはこれからの取得を目指しています.また,救急専門医も併せて取得する事を目指しており,バランスのとれた急性期の救急・集中治療が実施できるよう努力しております.

PAGETOP
  • 診療のご案内
  • 医学生・研修医・クリニカルフェローの方へ
  • 研究者の方へ
  • 医療機関の方へ
  • 千葉大学医学部附属病院
  • 千葉大学大学院医学研究院・医学部