HOME  /  関連病院紹介  /  千葉市立青葉病院 救急集中治療科

千葉市立青葉病院 救急集中治療科

Primary Care から Critical Careまで

当施設は近隣の千葉大学医学部附属病院と連携して千葉市の救急医療を支えています.
病床数:380床
診療科目:内科,精神科,神経内科,呼吸器科,消化器科,循環器科,小児科,外科,整形外科,皮膚科,泌尿器科,産婦人科,眼科,耳鼻咽喉科,リハビリテーション科,アレルギー科,放射線科,歯科,麻酔科,救急集中治療科

救急集中治療科の診療体制

千葉市立青葉病院は千葉市の2次救急医療の中核病院です.年間約3,500台(うち救急集中治療科,約1,800台)の救急車を受け入れております.救急外来では救急集中治療科の医師と青葉病院で研修中の初期研修医と内科系後期研修医が主に診療を行っております.院外心肺停止,急性薬物中毒,多発・重症外傷,重症腹部救急,敗血症,アナフィラキシーショックなど重篤な救急疾患はもちろんのこと,急性腹症,胸痛発作,脳卒中・脳神経疾患,代謝疾患など,幅広い救急患者を経験できる病院です.

集中治療室(ICU)は救急集中治療科医師が専従し,いわゆるclosed ICUの形式で運用されています(年間約300例).そのため,人工呼吸器療法(NIPPV含む),急性血液浄化療法は勿論のこと,人工心肺装置,大動脈バルーンパンピングなど,あらゆる人工補助装置の扱いに精通することができます.

千葉市立青葉病院は千葉大学医学部附属病院とわずか300mしか離れておりません.千葉大学医学部附属病院でしか行うことが出来ない特殊な救急患者様が発生した場合には,迅速・円滑に転院を行い診療の継続を行っております.その結果,2次救急医療の中核でありながら,重症救急症例も受け入れることが可能となっております.また,青葉病院で勤務しながら千葉大学大学院医学研究院で就学することも可能であり,臨床だけでなく学術的にも千葉大学と密な関係にある関連病院です.

救急医療に関する統計(平成26年度)

救急患者数: 5,220人/年
救急車受け入れ数: 3,326件/年
ICU入室者数: 238人/年

千葉大学大学院医学研究院 救急集中治療医学より出向中

森田泰正,高橋和香,竹田雅彦

連絡先

千葉市立青葉病院 救急集中治療科
Tel: 043-227-1131(代)
Website: http://www.city.chiba.jp/byoin/aoba/shinryou_syuutyuuchiryouka.html

PAGETOP
PrevNext